RPGの本質に共通のグループウェアの利便性と活用

コンピューターゲームの人気ジャンルのロールプレイングゲームでは広いエリアを旅して各地域に赴いてその場所にある人々やちりばめられた物などから情報を集めて、その情報を重ねて最終目的である宝物の発見や最後の巨大な敵との決戦にたどりつこうとするものです。
グループウェアのサイトはこちらです。

アクションゲームの様に制限時間による制約の代わりに情報を集めて目的にたどり着こうとする息の長いプレイが必要とされるゲームであります。

ビジネスも同じ事で一つの仕事に取り組む際に車内及び関係する取引先の情報をかきあつめて、人手によって、目標であります仕事の完遂に向けて歩みを進めることになりますが、ゲームの様に攻略本や、無制限の時間があるわけではありません。

そのため効率が良く迅速性のある作業を求められることになるため、グループウェアのようなツールによって効率よく情報を一か所に集約したり、場所を問わずにその情報を参照できる仕組みが求められて、必要とされるのです。

このグループウェアでは情報の集約の他に、アクセス性を向上させることも可能となります。
具体的にはメーカーの場合営業マンがスマートフォンを使って自社の入荷情報を出先で参照して直ぐに、商談を行ったり、逆にこの営業マンが出先の小売店で競合他社の状況を見た場合にグループウェア上の掲示板にそれを書き込んで報告する事で情報を社内で共有するといった活用法が考えられます。

その掲示板を開発課の担当者が参照して開発中の新製品への反映を行ったり、同様に他の営業マンが掲示板を参照して自らの商談に役立てるといった使い方が可能になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *