グループウェアのメリット

コミュニケーションの方法として今まで書面上や直接の会話から、メールになり、最近ではグループウェアという手法が採られています。
グループウェアのサイトはこちらです。

グループウェアとは企業などの組織内のコンピュータネットワークを活用した情報を共有するためのシステムソフトウェアを指します。

ネットワークに接続されたコンピュータに登録されたユーザー同士で情報交換、共有ををおこなったり、スケジュール管理をネットワーク上でおこなうことが可能です。ここでグループウェア利点を考えていきたいと思います。

ますやはり一番の利点はその手軽さにあると思います。

ネットワークにアクセスすれば用がある人物が今どういった状態で、今後どんなスケジュールが組まれているのか一目瞭然なので、どの時間に用を済ませればよいのか、自分のスケジュールも立てやすく、業務を行う上で効率を図った行動をとることができます。

またインスタントメッセージを活用することで、、離れた事業所などでも、まるで実際に会話しているかのように手軽にコミュニケーションをとることが可能になります。さらに緊急に決断しなければならない会議などにも電子会議ツールを活用することで手軽に会議をおこなうことが可能です。

このように大変便利なソフトウェアですが、デメリットとしてあげられるのはセキュリティリスクです。

クラウド型サービス全般で注意すべき点ですが、外出先などの社外からアクセスできるグループウェアはどの程度のセキュリティがパッケージングされているか理解し、グループウェアサービスとセキュリティ面で比較する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *