グループウェアとはどういうものか

グループウェアは組織内の情報をコンピューターネットワークを通じて公開し、共有やコミュニケーションを活性化できるツールのことを言います。
グループウェアのサイトはこちらです。

ネットワークでつながった者同士が互いに情報交換ができ、共有やスケジュール管理などの機能を通して業務の効率化を実現することが出来ます。

多くの機能がシステムに組み込まれている為にそれらが有機的に結びついてユーザーに最良のサービス提供ができるものです。

近年はインターネットのブラウザを利用する方法が主流になりつつあり、専用のソフトを利用しなくて良いことからホストのサーバーだけ用意するだけで良く、少ない投資で済むという利点があります。
グループウェアが持つ機能は電子メールの送受信や読み書きが行えるとか、電子掲示板の利用でメッセージの交換が行えるということがあります。

あるいは情報データのファイルや画像、仕様書などを登録しておくことでメンバー間で共有できるとか、個人やメンバーのスケジュール管理が行え共有したりできます。

さらに企画書や報告書などの案を起こしたり決済できる電子決済機能が含まれています。

スケジュールと連動して会議の予約や設備の貸し出し予約もでき、メンバーや組織ごとに利用できる範囲を設定することも出来ます。

電子コミュニケーションツールではFAXやボイスメール、ウェブ出版や同期・非同期の会議を行うことも出来ます。

グループウェアの導入では必要な機能をまず確認し、自社サーバーで運用するオンブレミス型か外部サーバーで活用するクラウド型があり適したものを選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *